もっと気軽に穴あけを楽しむ。作るよろこび 使う笑顔 み~んな笑顔。

木工作品コンテスト結果

木工作品コンテスト 【 テーマ 竹あかり 】 結果発表!!

期間を一か月延長させていただきました「竹あかり」コンテスト
応募作品は14作品となりました。当初はご応募がなかったらどうしよう・・・という不安もありましたが、たくさんの作品をご応募いただきありがとうございました。
それでは・・・結果を発表させていただきます!

大賞は田中さまの作品を選ばせていただきました。おめでとうございます(*^^*)

~今回のコンテストにご応募いただいた作品です~

大賞に選ばれなかった作品も、それぞれに工夫がされていて素敵な竹あかりばかりでした。
たくさんの作品をご応募いただきありがとうございました(^-^)
今回ご応募いただいたみなさんの作品をご紹介させていただきます!
内藤さまの作品 河島さまの作品 Kさまの作品
竹ドリルで穴はとても簡単に綺麗にあけることが出来たのですが、花火の開いた感じを出す為にヤスリや糸鋸などで削るのが大変でした。 まず、苦労したのはドリルで穴をあけることです。mmごとにやるので難しかったです。工夫したのは中にピンクの紙を片方だけに入れたことです。白く見えるところと、ピンクに見えるところの2種類の明かりが楽しめます。きれいに見えたので良かったです。 5年生の作品です。工具が重たかったのと、細かい模様にしたかったのに穴同士がつながってしまい難しいものだと思いました。
田中さまの作品 田中さまの作品 Iさまの作品
イメージをデザインするのに時間が掛かりました。電気を入れた時に灯りがどう通るかを考えながら穴を開けました。 イメージをデザインするのに時間が掛かりました。電気を入れた時に灯りがどう通るかを考えながら穴を開けました。 子供と一緒に穴あけをしました。ビー玉を入れました。色んな色が出てきれいでした。
田中さまの作品 田中さまの作品 Iさまの作品
イメージをデザイン化するのに時間を掛けました。他には真似できない灯籠を作りたいと思い作成しました。 イメージをデザインするのに時間が掛かりました。電気を入れた時に灯りがどう通るかを考えながら穴を開けました。 デザインがなかなか決まらなかった。参考になるデザインが色々あって選べると良い。
江守さまの作品 田中さまの作品
孟宗竹の厚さをそのままだと、時間を経て割れが出たり、細かい柄を表現しにくいなどの弱点があるので、5mm程度の厚さに削ってあります。 イメージのデザイン化に時間を掛けました。いかに光が通るか、他には真似できない竹あかりを作りたいと思い作成しました。
Tさまの作品 Tさまの作品
以前は竹節3段の竹で花入れを作り玄関で飾って楽しんでおりました。竹あかり教室で竹用ドリルや竹用ノコギリのことを知り、面白いように簡単に出来るようになりました。 以前は竹節3段の竹で花入れを作り玄関で飾って楽しんでおりました。竹あかり教室で竹用ドリルや竹用ノコギリのことを知り、面白いように簡単に出来るようになりました。

PAGE TOP